初心者・シニア向け
初中級者・登山経験者向け
個人ガイドモデルコース
思い出のツアーギャラリー
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

ハヤチネウスユキソウが咲く東北随一の花の百名山早池峰山〜大展望の稜線歩き南蔵王縦走の山旅二日間(1日目)

梅雨前線の真っただ中、期待と不安が交差するロハスハイキングツアー東北の山をめぐる山旅が7月2〜3日開催されました。wild-1郡山店駐車場朝5時半出発して東北道を3時間花巻インターから早池峰の岳駐車場9時過ぎ到着。ここからシャトルバスで20分、小田越登山口に着く。待望の早池峰山に登りたかったと云う皆さんは固有種ハヤチネウスユキソウなどの花々に巡り合う期待が大いに高まる。ここまで来たからにゃ雨が降ろうがヤリが降ろうが頂上も極めたいとの固い決意のもと山行出発です。IMG_4331 IMG_4332 IMG_4334 IMG_4335

登り始めると、薄暗い樹林帯が続きマイズルソウ、オサバグサ、ミヤマスミレなどが咲いていました。なかなかの存在感です。30分ほどで樹林帯を抜けると目の前にが明るくなり、蛇紋岩から形成された独特の早池峰山がガスの切れ間から見え隠れします。振り返ると薬師岳も開けていました。

IMG_4336IMG_4337IMG_4341IMG_4354IMG_4352IMG_4356IMG_4362IMG_4357

やはり高山植物を探勝するのは小田越コースが良い。一合目からは岩場と草原に咲くお花畑をたどり、キンロバイ、ミヤマオダマキ、ミヤマシオガマ、イワウメ、ミヤマアズマギク、ミヤマヤマブキショウマ、岩場にこんもりとナンブイヌズナ、ミヤマキンバイなど6月から9月まで切れ間なく花が咲いている。

IMG_4358 IMG_4360 IMG_4361 IMG_4364

梅雨前線の中の土曜日と明日が山開きと云う早池峰山の登山者は思ったより少ない感じがした。ちようど頂上に着いた時に雲の切れ目から展望が広がった。苦労して登った甲斐があったようです。この時間に居合わせた皆さんの歓喜の声が聞こえる。私には安堵感が。

IMG_4365 IMG_4373 IMG_4375 IMG_4376

下山もガスがかかりハシゴ場を慎重に下りながら小田越登山口に無事到着しました。コースタイムも登り2時間下り1時間半のスケジュール通りの山行でした。

ロハスハイキングツアー 早池峰山一日目 (2016/7/2開催)

限界森林に出てからの栗駒山稜線歩きは過酷な自然が待っていました。

イワカガミが咲く大群落がもう直ぐ目の前に開けて来るはずだった、、、、、、、。梅雨の合間の栗駒山トレッキングツアーは一週間前同様にいわかがみ平からに周回コースを午前9時50分にレストハウス横の登山口からスタートして、雪渓の残る谷すじを100m登り、増水した沢わたりには緊張の連続だったでしょうか。そこから展望に開けた登山道を東栗駒山に向かう。しかし、この付近から強風が吹き荒れて飛ばされそうな状況になったため、引き返し云う決断をさせていただきました。花の栗駒山を楽しみに来られた皆さんには非常に残念でしたが、これに懲りないで再びこの地に訪れていただきたいと思っております。

IMG_4323 IMG_4313

とにかく無事に下山されて安堵の表情の皆さまです。帰りはゆっくりとハイルザーム栗駒の温泉につかって帰路に着きました。

IMG_4318 IMG_4314 IMG_4319 IMG_4316

ロハスハイキング 栗駒山ツアー(2016/6/26実施)

尾瀬だけじゃない‼︎ニッコウキスゲが咲き誇る雄国沼は今週が見ごろです。

湿原の木道歩きと云えば尾瀬を思い浮かべますが、雄国沼湿原は一周20分程度で散策ができる木道があります。ここでは6月の初めからレンゲツツジ、ワタスゲ、コバイケイソウ、タテヤマリンドウから代表的なのはニッコウキスゲの大群落なんです。雄国沼は福島県の喜多方市東部の標高1,100mの高原にあります。約50万年前の猫魔ヶ岳の火山によってできたカルデラ湖湿原です。ニッコウキスゲなどの雄国沼湿原植物群生地は、昭和32年から国の天然記念物に指定されています。今回のツアーは、幸いにもお天気に恵まれて花が咲き誇る最盛期の中、雄国沼のニッコウキスゲを楽しんでまいりました。

IMG_4285

今回は NHK文化センター郡山教室の里山トレッキングツアーのお手伝いでガイドです。八方台登山口から猫魔ヶ岳をめざして木漏れ日のブナ林の中を楽しみながら小一時間で頂上へ。露岩した小狭い山頂から見えるのは噴煙のように雲を覆う磐梯山、猪苗代湖、裏磐梯の桧原湖を初めとする湖沼群、もう少しお天気ならば吾妻連峰や飯豊連峰を望めるのにと思いながら、でも梅雨前が覆う時期なのに幸運としか言いようがない登山日和となりました。

IMG_4225 IMG_4231

(さらに…)

PAGETOP