ホーム
ツアーガイド一覧
注目のツアープラン
思い出のツアーギャラリー
個人ガイド(ガイドのお申込み)
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422
メールでお問合せ
line@

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

最近の投稿

早春の尾瀬からイメージするのは、残雪を覆った燧ヶ岳と清らかな雪解けから一斉に咲く清楚で愛らしい水芭蕉だろうか。

2021/5/30(日)  尾瀬ハイキングツアー(沼山峠登山口から尾瀬沼三平峠休憩所)

待ちに待った水芭蕉が咲く尾瀬ツアー。大江湿原から尾瀬沼コースは沼山峠からスタートなので、御池からのシャトルバス運行が始まる山開きの時期から入山可能なんです。今年はコロナ禍の影響なのだろうか?山開きは例年より遅い5/29からでしたが、何とか水芭蕉が咲く湿原地はちょうど見ごろを迎えていました。

きょうはお天気に恵まれて出発します。5月のツアーは殆ど雨具のお世話になりましたすので良かった(⌒▽⌒)

郡山を4時出発して桧枝岐村御池8時のシャトルバスで尾瀬の玄関口沼山峠に向かいます。

車中からは新緑のブナ林、ダケカンバが鮮やかです。

大江湿原のミズバショウ群落です〜沼山峠を越えた入り口

大江湿原のミズバショウ〜大江川橋から尾瀬沼

長蔵小屋の先から見る水芭蕉と尾瀬沼そして燧ヶ岳は絶景でした。

ボチボチと登山者が入っていましたが、やっぱり少ないですね。

尾瀬沼と燧ヶ岳の絶景地です〜長蔵小屋付近から

尾瀬沼から大江湿原を望む光景です。お昼頃から雨雲が漂って来ましたが、何とか沼山峠まで戻ることができました。

ショウジョバカマもちらほらと咲き始めました。

ミズバショウが咲いている中、荒れている箇所が気になりました。正体はニホンジカの仕業です。ニホンジカが体に付いたダニなどの寄生虫や汚れを落とすために泥を浴びる行為で出来た「ヌタ場」というものです。このヌタ場ができると湿原が乾燥化したり植生が変わると聞いています。

尾瀬ビジターセンター情報では、尾瀬の水芭蕉の見ごろは5/19ごろだったようだ。雪が少なく暖冬だったこともあり、これからの見ごろはショウジョバカマやリュウキンカなどが楽しむことができます。ワタスゲは6月下旬から7月上旬、ニッコウキスゲは7月中旬から8月中旬なのだが見ごろはだいぶ早まるようですね。とはいっても、天候や気温によって左右されるので、尾瀬ビジターセンターの開花状況を確認しながらお出かけください。

PAGETOP