初心者・シニア向け
初中級者・登山経験者向け
個人ガイドモデルコース
思い出のツアーギャラリー
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

太平洋に面した山々は実に良い。海が望まれた低山ハイキングが楽しめました(^◇^)

福島県の山は太平洋から会津の山地まで変化に富んだ地形、特色のある自然景観に恵まれています。これから冬の向けてのハイキングは雪の少ない浜通り阿武隈山地で、雪の少なく太陽に恵まれる機会の多い山々をお勧めします。今回は茱萸平登山口から二ツ箭山~猫鳴山の低山の縦走でした。最初は急勾配を汗だくハッカハッカ、そして山頂直下のクサリ場はスリリングでしたね。その先は比較的緩やかなアップダウンの尾根歩きでしたが。しっかり距離もあったいわき低山周回コースをご参加された皆さんは、頑張って歩いてきました。

いわき市の岩峰で登山者に人気のある二ツ箭山。今回は北側のマイナーな茱萸平登山口からスタートです。特別、駐車場も無く路肩に車を停めて、もちろん我々だけしかいません。

女体山まで標高差350mの急勾配を一気に登るルートから尾根歩きがはじまります

山地からは阿武隈山地の山々から太平洋が望めます(^◇^

猫鳴山は二ツ箭山の北部に位置する820mの山。2時間ほど歩いて到着。雑木林の中に小高い丘のようなところでした。

ただ今、13時。予定の屹兎山経由から変更して、加路川下山に向かうことにしました

沢を下りていくと紅葉がまだまだ綺麗でした(^◇^)シャッターチャンスが続きます

山道を約1時間歩いてようやく茱萸平登山口に到着です。おつかれ様でした

これからは太陽が出て比較的暖かい太平洋側の低山ハイキングが良い。落ち葉の上を踏みしめながらガサゴソと歩くのが心地よく感じる季節ですね。帰りは夏井川渓谷の紅葉を観ながら帰路に着きました。

いわきの低山縦走ハイキングツアー             2018/11/23開催

PAGETOP