初心者・シニア向け
初中級者・登山経験者向け
個人ガイドモデルコース
思い出のツアーギャラリー
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

残雪期の鳥海山は壮大で想像を超える美しさでした(^◇^)

日本海からすらりと立ちあがる端正な富士型の山容が美しい鳥海山は、東北きっての花の名山のひとつでしょう。今回の魅力は積雪期で例年より雪が多かったことでしょうか。のびやかに広がる中腹の雪渓と草原にはミヤマキンバイやショウジョバカマ、イワブクロなどの花々が一面に咲いていました。もう一つの醍醐味は、頂上直下からの千蛇谷大雪渓ルート3kmを皆んなでおりてきました。初めて装着したアイゼンに悪戦苦闘ではありましたが、無事に七五三掛分岐に到着しましたね。ほんとうにお疲れ様でした(^◇^)

鉾立からほどなく展望台で、お昼を食べてから登山開始です🏔

賽の河原付近から登山道には残雪がありました

青い瞳のような鳥海湖が見渡せる御浜7合目は今夜の山小屋があります

鳥海湖を眼下にして、一帯は花咲き乱れる別天地です

御浜小屋に着き、景観がガラリと変わる。鳥海山が正面にそびえていました(^◇^)

今夜の夕食は山小屋にしては豪華だよ笑

我々は嗜好品(笑)を呑みながらいつもの自炊です。因みに、小屋販売の生ビールは1,000円、水500mℓ500円とキャバクラ並みです 笑

まもなく夕陽が沈む時間になりました、小屋からは日本海が…綺麗ですね

鳥海山ツアー1日目の行程/郡山発6:00~鉾立11:00~賽の河原12:30~御浜小屋14:00 鳥海湖周辺の花めぐり。お天気に恵まれ最高の山行でした(^◇^)

きょうも晴天の中、頂上めざして出発します

約1時間で七五三掛到着です

七五三掛分岐から千蛇谷コースを選択して頂上をめざします。それにしても雪が多いですね

だいぶ登って来ましたね。あと一息がんばろう!

山頂大物忌神社に到着して、休まず一気に新山に向かっています

荒涼とした岩礫の間を登っていきます

チョウカイフスマはこれからでしょうか?

7月8日は20年に一回の還座祭が行われていたそうです。新しい桐の神殿に魂を入れたのでしょうか?

約50分400mの大雪渓を下りました(^◇^)

鳥海山ツアー2日目行程/ 御浜小屋6:00~七五三掛7:10~分岐7:30~千蛇谷ルートから御室小屋8:30~新山往復10:00~千蛇谷大雪渓下山~七五三掛分岐11:00~御浜小屋12:20(休憩)~鉾立14:30~鳥海温泉~郡山着20:30

残雪期の鳥海山ツアー  2017/7 /8~9 催行 参加者6名

PAGETOP