初心者・シニア向け
初中級者・登山経験者向け
個人ガイドモデルコース
思い出のツアーギャラリー
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

雪山トレッキング入門編「安積山スノーハイク」交流イベントが開催されました。

2016年1月31日(日) 安積山(額取山) 郡山市    お天気は西高東低の冬型の気候でおおむね晴れの天気予報ではあったが、稜線は予想どうりに強風が吹いていた。

ロハスハイキングが企画する、初の雪山トレッキングツアー講座は6名が参加しました。前日の積雪によって滝集落を抜けた弘法清水と云う湧き水が出る場所からの山歩きスタートです。滝登山口まで約2.5kmと安積山まで約2.4kmの山行。まぁ、今回は頂上をめざすのではなく、冬山を安全に行うための道具や技術(知識),それに経験をすることを目的としていたので、雪の状況にもよるが行けるところまで行こう。

滝登山口AM9:50出発~熱海登山口分岐AM10:00 ここで全員スノーシュー装着~ここから急斜面の尾根を登っていく。積雪量は例年よりは少ないがスノーシューの歩行講習にはちょうど良い。

 

image

あけみさん、まりちゃん、ありがとう。

image

初参加の大友さん。実にたのしくパーテイーを盛り上げて頂きました。ありがとうございました。

image

image

雪の鑑賞を楽しんでいるように賑やかなご一行様って云うところでしょうか。時より太陽が出て眩しいくらいに輝いている。「やっぱ雪の登山はいいなぁ」と歓喜の声が聞こえる。

imageimage

チョッピリ時間はかかったけれど、よくぞ登りました、ここまで標高差650m。安積山頂上までまもなくです〜ここからは北側に安達太良山がクッキリと白く浮かびあがっているようだ。郡山市内も見渡せる。

imageimageimageimage

PM12:30 安積山頂上です〜  参加者全員無事に登頂しました。お疲れさまでしたね。それにしても風が強いが、ここから眺める展望が実にいい。南西はるかに燧ケ岳、猪苗代湖の西に明神ヶ岳、博士山、南西に大戸岳、二岐山、南に那須連峰、高畑山、大将旗へと続く尾根が連なる。そして北西に磐梯山、飯豊連峰、北に安達太良山、吾妻連峰と連呼してしまったが、実際はその一部しか見れなかった(笑)

imageimageh

途中から参加した遠藤君。若いし体力もありそう期待の星として、アンダー2000mcにスカウトしょうか。

image

危急時のときのツェルトを設営してお昼の休憩タイムです。皆さん、エンジョイして頂けましたでしょうか。

imageimage

image

長嶺さん、金子さん、そして皆さん、大変お疲れさまでした。PM4:00弘法清水に全員無事に 到着です

大自然の中の雪原を縦横無尽で歩くスノーハイク‼️

週末の二日間、グランデコリゾートスキー場から西吾妻山まで下見に行ってきました。前日の夜に降雪もあり、やわらかい新雪でスノーシューが滑り行く手を阻むが風もなく難なく西大てん頂上に着く。先にいたスノーボーダー達の急斜面滑走に暫し感動しながら休憩。待望のビックモンスターに、同伴した登山ガイド仲間から歓喜の声が聞こえる。

image

image

西大てん頂上で会ったスノーボーダーのお二人さん、ここからの急斜面を滑降すると云う。

image

image

登山ガイド仲間の菊地さん、大森さん、ラッセルお互いにお疲れ様でした。

 

そして翌日は、裏磐梯のイエローフォールに氷瀑の様子を見てきました。でもまだまだ例年より小さめでしょうか。暖冬で降雪が少ない裏磐梯山域ですが、銅沼も凍っており大自然の中をゆっくりと歩いてきました。所どころで見かけるてんやうさぎの足跡に興味津々の皆さんでした(^◇^)

image image image

日本百名山の一つにも選ばれている秋の筑波山。

いつもながら初めてお会いするお客様には緊張する秋のトレキングツアーです。

お一人をお迎えに伺ってから参加者皆さんと合流して、郡山市を朝の6時に出発しました。東北道から北関東道を通って筑波山までは、いつ行っても遠いですね。朝のうちはどんよりとガスがかかっていましたが、なんとかお天気に恵まれた一日でありますようにと願いながら、つつじヶ丘登山口には2半時間で到着でした。

IMG_2926

筑波山山頂で記念写真。一期一会に感謝です。ご参加ありがとうございました。

IMG_2904 IMG_2905 筑波山神社からの合流分岐で一休みです。

IMG_2910

つつじヶ丘コースは胎内くぐりなど奇石が多く、ビックリポンや。北斗岩もくぐりましたよ。

ご存知の通り、筑波山はロープウェイ・ケーブルカーもあるので、あっという間のに頂上にたどり着きます。登山道を歩けば自然がたくさん残っている素晴らしい山です。ここは茨城県民にとっては憩いの場所なんでしょうね。11月3日は文化の日でもあり、たくさんの観光客で混雑していました。

IMG_2918

太平洋側は雲が発達していますが、北西部はこの通りです。気象の原理でしょうか。

IMG_2921

標高877mでも感動の一瞬でした。山はいいなぁ。

IMG_2920

IMG_2919

ロープウェイでは8分で来るが、達成感が違うね。

IMG_2924

女体山から望む男体山です。双耳峰とも制覇。

関東平野の真ん中に聳えているので、富士山や日光連山の展望を期待してましたが、太平洋側、東京方面はあいにくのガスがかかって見えませんでしたが、参加された皆さんは初めての山と云うことで、十分に楽しんいただけたでしょうか。

IMG_2913

男体山登頂後に筑波山神社まで650m下山。それにしても雨上がりは滑る。

IMG_2931

仲良し四人の皆さん、お疲れさまでした。お昼の差入れ美味しかったですよ。

IMG_2927 ご家族連れのお子様で多かった。

IMG_2932

ゴールの筑波山神社では七五三のお宮参りやパワースポットの大杉もあり、たくさんの人で賑わっておりました。

PAGETOP