ホーム
ツアーガイド一覧
注目のツアープラン
思い出のツアーギャラリー
個人ガイド(ガイドのお申込み)
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422
メールでお問合せ
line@

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

最近の投稿

九州ツアーの最後は、圧倒的な存在感でそびえ立つ開聞岳(薩摩富士)を堪能して来ました。

2023/11〜19/21   開聞岳(922m)   データ:歩行距離9km・累計標高差810m・所要時間5時間半。

開聞岳は薩摩半島の南端に位置する独立峰で、薩摩富士の別名を持った円錐形の美しい山です。途中の景観はあまり期待できないものの山頂からの展望は素晴らしく、日本百名山に選ばれた南九州を代表する名山でもあります。

3日目の早朝5時半にホテルを出発して、開聞岳登山口に向かいます。

夜明けと共に登山開始になります。野良猫がエサを求めてやってきましたwww。

さあ、開聞岳山頂を目指して今日もよろしくお願いします。

百名山しては、筑波山に次いで低い山ですが、海沿いから見ると裾を広げた優美な山容をしている。まさに富士山のような存在感でそびえ立っているようです。

黄色の花が咲いている登山道を登っていく。5号目辺りまでは展望がない樹林帯だ。今日も気温も上がってちょうどいい登山日和になりました。

5号目の休憩スポットから望む絶景。

今は、本州最南端の山を登っているんだなぁと実感しながら眼下を眺めている。果たして、山頂から屋久島などの島々が見えるだろうか?

結構険しい登山道で、仙人洞辺りの岩場の通過に悪戦苦闘の連続でもあった。

梯子🪜も幾つか乗り越えて山頂を目指す。下山も滑りやすいので要注意だろう。

それでも順調に登って開聞岳山頂まで予定の時刻に到着する。

最後の最後まで頑張って登った感想は(^_^)開聞岳を目標にして来た方、登頂おめでとうございます㊗️

この360度の展望台から眺める景色は決して忘れない山行になるかと思いますね。

慎重かつ大胆に下山して、5号目の休憩スポットで記念撮影。3日間に思い出と3座登り切った達成感はひとしおでしょう。

飛行機に間に合う時間に合わせて下山出来ました。

予定とおり鹿児島空港に到着。ここでお別れする参加者もおります。3日目に三座登るという強行軍でしたが、皆さまに楽しかったと言って頂き嬉しかったです。ほんとうにありがとうございました😊

 

PAGETOP