ホーム
ツアーガイド一覧
注目のツアープラン
思い出のツアーギャラリー
個人ガイド(ガイドのお申込み)
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422
メールでお問合せ
line@

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

最近の投稿

五感で味わう秋の景色‼︎ 日本海側に聳え立つ名峰 火打山から妙高山を縦走してきました。

2023/ 9/ 22〜24    初秋の火打山&妙高山縦走3日間ツアー (データ:歩行距離21、5km・累計標高差+2,110m−2,327m・歩行タイム14、5時間)

暑い日が続く毎日だったので、はたして山は紅葉しているのだろうかと心配になる日々でした。火打山山腹に登ると赤黄色のコントラストが広がり待ちわびた秋がやってきたようです。高谷池ヒュッテの気温は4度と、久しぶりにエアコンいらずの寒い朝を迎えました。今回のツアーは、笹ヶ峰登山口から入山し、山小屋一泊で(高谷池ヒュッテ)火打山と妙高山を縦走、燕温泉へ下山する人気コースの山旅でした。

お疲れさまでした。ツアー3日目は、快晴の中、日本百名山の妙高山南峰(2,454m)山頂に着きました。こだわると、北稜(2,446m)より高いんです。でも、表示板有無から登山者の多さでは北峰が賑わっていましたね。それではツアーの様子をお伝えいたします。

9/22 郡山を9時出発。新潟から北陸道を経て上信越自動車道を東へ。妙高高原インターから10分のところにネットで選んだ、あらきんラーメン店お薦め(高原トマトラーメン)を完食。

初日は移動時間とゆっくり観光タイム。妙高山南に位置する苗名の滝(日本の滝百選)を見学。雨模様だったせいか勢いよく大量の水流です。

明日は曇りの予報ですが、晴れといいですね🌞

昼食後、セブンイレブンに寄って、缶ビールや明日からの行動食を購入。ちょっと時間が早いが宿泊先で明日からの登山打合せ会🍺をwww。

おはようございます😃 笹ヶ峰登山口7時到着。駐車場はいっぱい🈵、さすが日本百名山火打山ですね。縦走2日間頑張ろう!

整備されて緩やかな木道を黒沢まで歩きましょう。

冷たい水が流れている黒沢で、ひと息入れたら出発です。ここからが十二曲りの急な登りとなります。

ハッカハッカしながら十二曲り登りきると、登山道真ん中に大量の椎茸?ちょっとだけ癒されました(^_^)

ごろごろして岩で歩きづらいが傾斜がゆるやかになったら富士見平に着く。ここまで順調な標準タイムかなwww。

火打山に進路をとると間もなく黒沢岳が右手に見える。オオシラビソの樹高も低くなっている。この辺りで標高2,000mを超えてますね。

黒沢岳を巻いていくと火打山が見えるはずなのに、雨模様で見ることできず残念だった。

沢山の実をつけてゴゼンタチバナ╰(*´︶`*)╯♡

トラバースを終えると湿原帯が広がっている。この日泊まる高谷池ヒュッテの三角の屋根が突然現れる。

受付を済ませて寝床を確認。建替えたばかりなのでスペースもゆったり、なんとトイレはウォシュレットv(^_^v)♪。今夜は快適に過ごせる山小屋ですね。さて、余計な荷物は置いて、火打山山頂まで往復しましょう。

高谷池ヒュッテ前にはテント場があります。火打山全景を見るのは明日にお預けです。

小雨模様になりましたが、約90分ほどで山頂です。日本百名山1座達成をめざしましょう。

池塘が点在する湿原帯「天狗の庭」。下山するころにはお天気になりますように。

夏だったらハクサンコザクラの群生が見事なんだけどね。最後の急な登りを無心に進むと、たどり着いたのが山頂でした。日本百名山火打山(標高2,462m)は以北で1番高い山です。残念ながら360度視界ゼロ\(//∇//)\ 晴れていれば北アルプスはもとより、富士山から能登半島、佐渡ヶ島まで見渡せるはずだった。翌日登る妙高山に期待しましょう。

この一帯はライチョウの生息地。やっぱり邂逅しなったか(。-_-。)

4時ごろになると一瞬だったが日差しがでてきました。よかったね🥲 明日のお天気に期待を込めて高谷池ヒュッテの山小屋ライフを楽しみましょう。とりあえずビールで乾杯、今夜の夕食はご飯を真ん中にカレーとハヤシをたっぷりかけていただきまーす。

おはようございます🌞 朝5時半の気温は5度、今年一番の寒さだそうです。8時ごろから日差しが出る予報です。高谷池分岐からしばらく登り、上越市方面が望める稜線に向かいます。

振り返ると雲海から出る山並みを望める。今日は素晴らしい登山日和になるでしょう。

前方下に黒沢池の湿原が見える。茶臼山山頂から見る妙高山はお椀を伏せたようだ。

日差しが出ると自然と笑顔になって😀きますね。

滑りやすいササ原を下ったら黒沢池ヒュッテに到着。ひと休みしてから、大倉山の外輪山を登り返す。

登りきると大倉乗越です。左に長助池、右に大正池がある深い火山原の向こうに、妙高山が立ちはだかる。ここから外輪山を巻くように下るが、悪戦苦闘の連続でなかなか進まない。

思いのほか時間がかかったが、ようやく火口原分岐に到着。この先は最大の急登が続く。標高450m登れば妙高山山頂です。

岩場もある、結構な急登だった。

背後の外輪山がしだいに低くなると、間のなく三角点のある妙高山に北峰に着く。ここまで来ると見晴らしがいいですね。

昨日登った火打山を眺めよう。ここでゆっくり休憩したかったが、最高点がある南峰まで溶岩塊の間をたどる。

左手に見えるのが火打山です。

日本百名山妙高山南峰(標高2,472m)に登頂しました。今日はパノラマ絶景でした。

目の前には威風堂々と高妻山山塊が迫ってくるような迫力です。

遠くには剱岳、立山連峰から後立山連峰が連なっていました。

ここで昼食を食べてから南峰の溶岩を下り、しばらくするとクサリ場にでる。

岩に足場が刻んであるので、それほど怖くはないでしょう。

光善寺池を過ぎると、間もなく天狗平です。分岐を左手に入ると燕温泉方面です。ジグザグに急坂を北地獄谷に向かって下ると、赤倉温泉の作業小屋があり、ここからはゆるやかな管理道路を歩く。2日間の歩行距離23km、長かった縦走もまもなく終わる。本日にお疲れ様でした。明日あたりは歩けないかもしれませんねwww😆

 

 

PAGETOP