初心者・シニア向け
初中級者・登山経験者向け
個人ガイドモデルコース
思い出のツアーギャラリー
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

涸沢カールからザイテングラートを登り、あこがれの奥穂を下見してきました(^◇^)

9/8~11(3泊4日)奥穂高岳ツアー開催あたり、8/10から下見をして来ましたので、全コースを画像で紹介致します。

穂高連峰の最高峰・奥穂高岳へ登るコースは多彩にありますが、今回はもっとも人気のあるスタンダードなコースです。まさに老若男女の(70代から小学生まで)たくさんの登山者が夏休みと云うこともあり、奥穂をめざして歩いていました。わたしも1日目は上高地から梓川沿いを横尾まで歩き、谷をつめて涸沢小屋まで。2日目は奥穂を登り涸沢小屋に戻る。登山道は雪渓も消えた涸沢カールを巡ってザイテングラートに取り付く。ザイテングラートは白出のコルへ突き上がる岩尾根で、急登が連続する箇所だが、歩く目じるしもあるので一歩一歩慎重に登っていけば奥穂山頂到達も大丈夫だと判断しました。穂高岳山荘のすぐ上の岩場がルートの核心部ですが、すれ違いには声を掛け合って安全に通過したい場所です。3日目は涸沢を下り上高地といった具合の3日間山行でした(^◇^)ちょうど奥穂登頂日がガスって眺望が開けずチョッピリ残念でのありましたが達成感でいっぱいでした。

奥穂下見は2泊3日で、郡山を早朝3時出発して上高地に午前9時半(約6時間半)到着。直ぐ涸沢小屋に向けて出発しました。ツアーではゆっくり行程が基本になります。1日目は朝6時過ぎ出発して明神池か、徳沢の小屋泊とします。

穂高連峰を眺めながら梓川沿いを横尾まで約11km・3時間歩きます。

上高地からほぼ平坦な道を歩くこと約3時間。槍が岳と、穂高連峰の登山基地、ここから梓川を渡り涸沢カールに向かいます。(約3時間半)

ここから傾斜が強くなり文字通りの登山道になる。

ヨーロッパアルプスかと思うくらいテラスからの見る前穂高岳の展望は素晴らしい\(^o^)/

涸沢小屋デッキからの望める広大な涸沢カールです。

涸沢テン場には100張以上のテントの花が咲いていました。

涸沢カールから、2日目朝5時40分登山開始。今回は山岳仲間が同行しています。

ザイテングラート(岩の支稜)はルートの目じるしがあるので、三点確保しながらゆっくり登れば大丈夫です。

ガスったザイテングラートを登り終えて、ようやく穂高山荘に着きました。

穂高山荘から奥穂に行く正念場が最初にありますが、一歩一歩ゆっくりと登ります。

奥穂直下でライチョウに会いました。

北アルプス穂高連峰の盟主奥穂高岳3190m頂上です\(^o^)/

 

皆さまのご参加お待ちしております(^◇^) 奥穂高下見登山3日間(2017/ 8/10~12)

PAGETOP