初心者・シニア向け
初中級者・登山経験者向け
個人ガイドモデルコース
思い出のツアーギャラリー
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

黄色い花が早春の山道をいろどる

一年を通しての花の印象は、登山道の脇に生える草木の花々だが、春から新緑の季節には木の花が目を奪うことが多い。 最初に黄色い花が咲き、白い花がそれに続く…というのは単純すぎる印象かもしれないが、冬の花というべきロウバイから、マンサクやアブラチャン、キブシ、ヤマブキなど、黄色系の花が山道を現れることが多いのではないだろうか。じつは名前がわからないまま見ていることが多いのだが、木の花は大きな空間の重要なアクセントとして記憶に残る。ミツバツツジ、ヤマツツジ、シロヤシオなどが咲き出すと、山はたちまち夏に向かって走り出す。

いわき市屹兎屋山の沢沿いに映えるヤマブキの花 2017.5.7

霧が立ち込める中に咲くアカヤシオの花。日光霧降高原キスゲ平ハイキングにて 2017.5.10

シロヤシオの咲く月山から二ツ箭山を望む 2016.5.1

PAGETOP