ホーム
ツアーガイド一覧
注目のツアープラン
思い出のツアーギャラリー
個人ガイド(ガイドのお申込み)
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422
メールでお問合せ
line@

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

最近の投稿

苔むした森が迎えてくれる屋久島ツアーでした‼️ 屋久島は知れば知るほど奥が深い。

2023/ 5/ 18〜21   世界自然遺産の島 屋久島4日間ツアー

“洋上のアルプス” 屋久島の自然を見つける
屋久島は、鹿児島県大隅半島の南西約60kmの海上に位置する島で、周囲約130kmの円錐形の地形からなり、島の90%は森林です。島の中央に聳える宮之浦岳 (1,936m)をはじめ、標高1,000mを超える山が40数峰連なり、洋上のアルプスと呼ばれています。宮之浦岳を含む屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21%はユネスコの世界遺産に登録されています。日本にはたった4つしかない世界自然遺産(白神山地・知床・小笠原)のうちの一つで、1993年に白神山地と共に日本で初めて登録されました。もっと詳しくは、昨夜(5/27)、NHKブラタモリで放映されたのでオンデマンドでご覧いただきと思います。最南端の百名山で九州最高峰(標高1,936m))宮之浦岳登頂し、樹齢7200年といわれる縄文杉、緑一色の世界が広がる神秘の森 白谷雲水峡まで一泊二日の大縦走するのが最大の目的だった今回のツアー。鹿児島空港到着寸前に悪天候のため一度仕切り直してから20分遅れて何とか無事に着陸。そんな暗雲立ち込める気配がする屋久島4日間の旅道中をご覧ください。

コロナ禍で行けなかった屋久島ツアーは4年ぶりの開催でした。伊豆半島を過ぎると雪を覆う南アルプスが眼下に見えてきましたね。初日は屋久島宮之浦までの移動日になります。登山に備えての買い出しやパッキング、そして夕食は海の幸を堪能しましょう。

    鹿児島空港には20分遅れで到着。紀伊半島を過ぎた辺りから雲ができと思ったら、やっぱり雨模様の鹿児島でした

城山洞窟をから約300mのところが隆盛の終焉の地

チャーターしたタクシーで桜島を見ながら(ガスって中々思うように見えず)鹿児島市内に走る。雨降りの中だったが西郷隆盛の足跡をたどる車中の旅を楽しむことができました

約6メートルもある西郷隆盛銅像は、軍服姿で日本の未来を見据えるかのように正面向きの顔、揺るぎない不動の立ち姿の像は、市井の人々の精神的な拠所として存在感を示していました

この頃には土砂降りの鹿児島市内でした。さて鹿児島港に着いたら昼食を頂こうと思っていたところ、予定外のアクシデント(都市計画で予定にお店一帯が空き地)だったり、寿司は混雑してフェリーの時間に間に合わない\(//∇//)\急遽、 吉野家の牛丼をテークアウトww

波が高く船体がジャンプするような揺れには船酔い続出。それでも予定時間に屋久島宮之浦港3時40分無事到着。ここから民宿まで徒歩15分なのだが、未だに雨はザーザーぶりだったのでお迎えをお願いした次第です。

夜ごはんは宮之浦の地魚料理店「若大将」にて英気を養えることで決定。黒潮の海に囲まれた屋久島の名物といえば、首折れサバやトビウオといった魚介たち。刺身や揚げ物といった王道の料理はもちろん、創作メニューも食せた

何と大きいんだろうか^_^ トビウオのフライは全部食べれたよ

2日目真っ暗な早朝4時に迎えのタクシーに乗り淀川登山口に向かう。荒川分岐からだいぶ手間で突然の通行止めバリケードが…。一瞬何がなんだかわからない状態に陥る。地元タクシー会社にも情報が入っていない。徐々に情報が入り昨日の豪雨によって山道崩落が朝方確認されたようだ。そんな事情を知らない登山者が次から次へとやってくる。突然のアクシデントだったのでどうするのか。一旦、民宿に戻りスケジュールの検討した結果、島内観光路線バスの旅に変更する。

民宿近くの旅行社に寄って路線バス一日券(2,000円)購入。今日は島内めぐりの路線バスの旅スタートでーすww

バス時刻表を見ると目的地からの移動して次に行くのは大変だ。まるでテレビ番組の路線バスの旅のようですね。

今日は皮肉も穏やかなお天気になりました。今ごろは宮之浦岳に向けてどの辺を歩いているのかと恨めしくもなります。でもでも、課せられたアクティビティを楽しみましょう(^_^)

宮之浦大橋から聳え立つ山を望む。屋久島は四方海の囲まれたいるので温められた湿った空気が上昇して標高1,000mくらい辺りにいつも雲がかかっているという。

明日は白谷雲水峡から縄文杉をめざしますよ。今回は宮之浦岳を断念してピストン予定で計画しました。

急遽、Oさんがガイドを担当して皆さんの意見を纏めて頂きました。巨大な花崗岩が織りなすv字型の谷とモッチヨム岳の裾野から流れ落ちる千尋の滝は1番の候補に挙がったのだが歩く時間が長すぎてバス時間が間に合わないと云うことで諦めました。そこで最初は、海に面した湯泊温泉で決定♨️しました

湯泊温泉の停車口やらタオルやビール🍺調達できるお店は地元のお婆ちゃんに案内していただきましたd(^_^o)

海岸線から海沿いに降りて5分で着く。このあたりの植物は南国ムード一色です。ガジュマルも見れるかな

私たちが行ったときは貸切り状態でした。手前にある平打海中温泉♨️は混浴で遮るものはなかったが、ここは男女に囲いがありました^_^

こんな感じに露天風呂でーす(^_^)海を見ながらゆっくり。のんびりと有り余る時期を過ごすことができました

磯遊びで見つけた亀の手。え?これ、食べれるの?亀の手ってことは、こういうこと?
カメノテは貝みたいですが貝よりもエビやカニの仲間(甲殻類)に近い生き物です。カメでもなく貝でもなく、ややこしい生き物ですね。
岩の隙間にビッシリと住んでいて、干潮(海の水が引くとき)は海から出ていることが多いです。

実は昨夜の若大将で食べたんですww なかなかの美味でした。

雲丹もたくさんd(^_^o) もちろん生きているよ

予定外で、磯遊びで時間が過ぎるのが忘れるほど楽しい‼️貝類から小魚などなど見つけることで新鮮な気持ちになったようですね。

思っても見なかった磯遊びを満喫した3時間でしたね

次は落差88mを流れ落ちる瀑布、潤いのミストを全身浴びての大川の滝へ。日本の滝100選にも選ばれている名爆です

この滝の凄いところは滝壺にすぐ近くまで歩いて行けること。バス停から近いのもよかった。

ほんと大迫力です。千尋の滝と二者選択でしたww

 

バス停最終地だったので20分後に出発。ここから海岸線を逆回りに宮之浦まで90分かかりますが、色んな景色を眺めながらの路線バスの旅を楽しませてもらいました。さあ、明日は白谷雲水峡から登山開始です。皆さんよろしくお願いします🥺

屋久島ツアー3日目はパート2に続く

PAGETOP