ホーム
ツアーガイド一覧
注目のツアープラン
思い出のツアーギャラリー
個人ガイド(ガイドのお申込み)
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422
メールでお問合せ
line@

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

ガイドの四方山話≫一覧を見る

福島市街にぽっこりと浮かぶ山‼︎ サクラが咲きはじめた信夫山を一周して来ました。

2024/ 4/ 6    信夫山(275m)ツアー (データ:歩行距離8km・累計標高差366m・所要タイム4時間)

福島県で一番早く桜が咲く信夫山は、東西2.7km、周囲7km。ほぼ皇居と同じ面積を持つお山です。西から東に羽山(275m)、薬師の峯・寺山(220m)、羽黒山(260m)、熊野山(268m)、北端に立石山(220m)の峰々が連なり、昔から山岳信仰の山として崇められていて、各々のピークに神仏が祀られている。また市街地に隣接していながら豊富な自然が残されており、福島市民の憩いの場ともなっています。

まず、信夫山を知るのは、地理を勉強しましょう。福島県立美術館を起点にして、大きさ一周約7km。これはなんと皇居と同じ大きさにびっくりですね‼️西側に見えるのは鴉(からす)ケ崎がある「羽山です。ここからの展望にご期待くださいね。それではサクラ🌸を鑑賞しながら護国神社まで参りましょう。

護国神社でお参りしてからハイキング開始です。護国神社は明治12年に管祭信夫山招魂社として建立され、昭和14年に福島県護国神社と改称されました。その起源は戊辰戦争のおり、京都東山で戦死した軍人に英霊を合祀するためといわれています。尚、この一帯は信夫山公園になっておりソメイヨシノを中心に約2,000本のサクラがあり、ちょうど咲き始めています。出店もあり朝からもう賑やかです。

最初は西の羽山に登り、烏ケ崎の第一展望台を目指しましょう。

月山、湯殿神社など沢山の祠も有りご利益有りそうですね。

北側に広がる展望も信夫山からではの景色でしょうか。遠くには蔵王連峰から半田山と山々が連なっています。

ここは烏ケ崎展望台です。結構な急勾配を登ったので汗ばむ陽気でしたね(^_^)ゆっくりひと休みしましょう。

皆さんからの差し入れに珈琲タイムでーすwww😆

雪を覆う吾妻連峰から安達太良山までに大パノラマ展望はいつ見ても圧巻ですね。ここは信夫山随一の絶景ポイントになっております。

東に阿武隈川、南に福島市街地、西に広大な福島盆地が広がっています。

一旦鞍部に下りると、この辺はゆずの木とサクラ🌸が咲き揃っています。河津桜からソメイヨシノと共演ですね。

モクレンも咲いていました(^_^)

大鳥居から、仁王坂を登っていくと猫稲荷。そして、羽黒神社と続く。

大わらじが奉納されている東側の熊野山にある羽黒神社に到着です。

こうして並んでみると、大わらじは20mくらいありそうです!

今日はここまでになります。たいへんおつかれ様でした。快晴だったので大展望をこころゆくまで楽しめたでしょうか。

お酒なしでしたが、サクラの下でお花見(昼食)してから、飯坂温泉♨️に向かいましょう。

飯坂温泉♨️共同風呂の鯖湖湯で久しぶりに歩いた疲れを癒しましょう。帰りは福島道の駅に立ち寄ります。

*この山は車を利用すると、各所にある展望台へ簡単に行けてしまうが、護国神社を起点にして、西から東へ歩いて縦走するのが、新しい発見もあり山の良さや楽しさを堪能できるコースです。

行程: 郡山〜福島県立美術館駐車場〜信夫山護国神社~熊野滝行場跡~湯殿山神社~烏ヶ崎展望デッキ~薬師の峯展望デッキ~薬王寺~大鳥居~猫稲荷~仁王坂~羽黒神社~熊野山~虚空蔵岩~立石~古峯神社~第3展望デッキ~虎捕山神社~冒険の森~第2展望台~信夫山ガイドセンター~護国神社〜福島県立美術館〜飯坂温泉鯖湖湯♨️(入浴)〜郡山着17:30 (歩行時間4時間)

 

 

 

 

福島市 サクラサク🌸

福島市の信夫山にさくら開花宣言‼︎ 2024

福島地方気象庁は3日、福島市でひと足早くソメイヨシノが開花したと発表しました。
福島市のシンボルにもなっている信夫山公園にある標本木に5輪の花が咲いた。平年より4日早く、今週末には見ごろとなるでしょう。

信夫山は、春はお花見の名所として知られ大勢の人でにぎわう。信夫山全体で約2000本、信夫山公園内で約300本ある桜は4月初旬が一番の見頃になります。

山頂からは雪を覆う吾妻富士から安達太良連峰、眼下には福島市内が一望できますよ。

中通りで一番早く咲く信夫山の桜の鑑賞にご一緒しませんか。

早春のうつくしまふくしま🌸 福島市街にぽこっりと浮かぶ山‼︎ 信夫山をぐるっと一周してから飯坂温泉へ♨️

春の登山シーズンがスタートします‼︎

冬は登山をお休みしていたという人は、そろそろ山が恋しくなってきたのではないでしょうか。今シーズンはどの山に登ろうかと、思い始めたことでしょう。そこで提案なのですが、どうせなら高山植物が咲きほこる山へ。花の百名山を目指してみてはいかがでしょうか。

4月に入り福島県の山々も雪解けが進み少しずつ春の兆しを感じられてきました。花の季節の前奏曲カタクリの花からミズバショウが咲く山をご紹介いたします。
https://tokyoosanpo.com/post-16990/#google_vignette

画像は吾妻連峰麓の仁田沼湿原帯です。
福島市土湯温泉の奥に位置する男沼と女沼の中間にある仁田沼はミズバショウの名所です。3月中旬より可憐な芽を出し、4月中旬から5月下旬にかけて周囲1,000㎡余りの湿原一帯に、10万株ものミズバショウからカタクリの花を咲かせます。2~4時間のハイキングコースも設けられています。

PAGETOP