ホーム
ツアーガイド一覧
注目のツアープラン
思い出のツアーギャラリー
個人ガイド(ガイドのお申込み)
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422
メールでお問合せ
line@

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

ガイドの四方山話≫一覧を見る

越後三山のひとつでもある霊峰 八海山‼️ 鎖場19箇所(上級者向)ある、八ツ峰コースにチャレンジしてきました。

2022/ 9/17〜18   日本二百名山 八海山ツアー (データ:歩行距離8、5km、累計標高差957m)

八海山は新潟県南魚沼市に聳える岩稜の中ノ岳(2085m)、越後駒ヶ岳(2003m)とともに越後三山としてその名が知られています。厳しい岩峰からなる山頂部の八ツ峰がこの山の象徴と言われています。今回は台風14号をすり抜け、地蔵岳から大日岳までスリル満点の鎖場を征服して来ました。

北陸道を経て関越道と延々と3時間半かけて八海山麓に到着です。福島県とは直線で考えると距離的には近いんですが^_^

北側から望む、八海山のギザギザとした岩峰が見えてきました。

八海山麓駅ロープウェイチケット売り場で、明日から影響するだろう台風14号で往復チケット購入出来ないと判明する\(//∇//)\ 多少の風は想定内だったが、ひとまず千本槍小屋に着いたら、今後の行程を考えよう。
澄み切ったおかげで(台風の影響)山頂駅からは,火打、妙高から後立山連峰が一望できた。

右前方(南)には巻機山がくっきりと目の前に見える(^_^)☆

山頂駅(四合目)で展望を楽しんでから千本槍小屋をめざして出発します。

急に登りがあったり一旦鞍部に下りたりと繰り返しながら、女人堂(六合目)まで80分。異様な暑さで思ったより体力消耗する山行となる。

時より展望が広がり薬師岳山頂が見え始めてくる。

女人堂(休憩所トイレ有)で大休憩をとる。ここからが急勾配。ゆっくりと登ろう^_^

高度が上がると涼しい風に癒されるようだ。

真っ青な青空と雲のコントラストが美しい。

ここは七合目。案内表示板で先読みができるので、皆さんは目安がつきやすいでしょうね。あともう少し頑張って‼️

最後のひと頑張り箇所、長い鎖場の登り。ここを登りきると薬師岳山頂でーす^_^

八ツ峰コースはこんなもんではない。

薬師岳山頂に着いたら景色が広がる\\\\٩( ‘ω’ )و //// 千本槍小屋の後ろには地蔵岳が。あれが最初の岩峰のスタートだ。

景色が一変して越後駒ヶ岳から中ノ岳、真ん中には尖った荒沢岳が見えている。

薬師岳山頂で余裕ある勇姿?記念して全員でポーズ 笑。

九合目の千本槍小屋には少し下り、ひと登りで予定とおり午後2時半に到着する。休憩後、明朝から予定を変更してハツ峰コースへ。

小屋前にある八ツ峰コース案内板だが、実際には山の名称が分かりにくいですね。

小屋にザックをデポしてからヘルメット装着して、いざ登山開始。

スタートして巻道との分岐。もちろん岩峰コースを選択。

あっという間に、地蔵岳山頂へ。ここまでは誰でも大丈夫かな。ここから先は波線、三点支持が必要な岩場ルートになる。

二つ目は不動岳。

少しずつ難所が始まった(^_^)

でも、まだまだ余裕のある皆さまでした♪

長ーい梯子に登り道

ヘルメット姿がカッコいいです。

越後の峰々に癒されながら、スリル満点の鎖場を次々と制覇しております。

ここ降りるんかい\(//∇//)\

先ずはお手本を笑。

ここが八ツ目に大日岳でーすね。

山形から初参加の健脚現れる。八海山岩場に感想は?

さて、最後はこの岩場を下りますので。

油断しないでくださいね。でも、慣れたもんです。

時間の関係で、今日はここまでになります。ここから巻道で夕飯まで戻りましょう。難関コースに挑んだ皆さま、お疲れさまでした。

秋色に染まる夕暮れが美しい光景ですね。

巻道も梯子の連続があったり、鎖場みあるコースでした。

だんだんと陽が沈んで来ます。明日から台風の影響で強風だろうとの判断だったのが正解のようでした。それにしても夕暮れに峰々に感動する🥲 ビールと千本槍小屋特製カレーライスが待っている。達成感と安堵感いっぱいの皆さま、今夜はゆっくりと山小屋ライフを楽しみましょう♪

強風で何度か起きたが、東の空が明るくなったきた。越後駒ヶ岳から中ノ岳に稜線が浮かんで来る。今日はゆっくりと山を下りよう。

翌朝のスタートごろには雲が覆ってくる。しかし、日曜の今日は、たくさんの登山者が登ってくる。改めて八海山の人気度がうかがえる。。心配されたロープウェイは運行していたので予定より早めに下山出来ました。遠方からご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

 

 

北アルプス裏銀座縦走5日間の山旅パートⅡ ‼️ぜひ ご一読くださいね(^_^)

2022/ 9/7〜11 北アルプス裏銀座縦走ツアー (データ:歩行距離延39、6km、累計標高差+3,686m−4,117m、所要時間1日平均7時間)

昨年の表銀座縦走から一年が過ぎ、今年は裏銀座縦走コースに挑んだ。水晶岳、鷲羽岳山頂をめざすのは無論のことだが

参加者全員が無事に縦走出来るように安全登山を徹底した。このルートはコロナ禍により山小屋もすべて予約が必要になり、悪天候が続いたら登山者にとっては益々ハードルが高くなり長い距離を歩かなければならない縦走路でもある。台風11号が去って好天かと思いきや、ツアーも前半は雨模様のスタートとなる。それでも雨上がりの景色は幻想的でより感動的な山行が続いたようだ。水晶岳に辿り着いたのは郡山市を経ってから3日後の午後だった。そして翌朝は鷲羽岳山頂に立つ。ここからは槍ヶ岳を中心に北アルプスの山々が見渡せる絶景地でもある。飛騨山脈中央部にどっしりと構える水晶岳(黒岳)は見る者に重厚な印象を与え、かつ容易に近づくことを許さないかのような気品を漂わせているようだ。そして、鷲羽岳は羽を広げて今まさに羽ばたこうとする鷹の姿のような山容だった。黒部川源流に座す風格と威風堂々としていた。おかげさまで4日目からは、絶景の稜線歩きとなりました。

9/10(土) 4日目: 山小屋6時出発。めざすは正面に見える鷲羽岳。左手に穂高の峰々から槍ヶ岳を見ながら、右手には黒部五郎岳、振り返ると薬師岳、水晶岳、眼下には秘境雲の平高層湿原帯が広がっていく。なんて贅沢な山歩きなんだろうか。きょうは一日晴れ模様で秋空が広がり絶好の稜線歩きとなりそうです。

朝日を浴びる水晶小屋でーす。燕岳から大天井岳、西岳、もちろん槍ヶ岳が…。ようやく神さまは我々を見放さなかったようです(^_^)

早朝5時ごろでしょうか。幻想的ですね。

きょうは鷲羽岳から三俣蓮華岳、双六岳を登って双六小屋までの行程になります。一日よろしくお願いします。

これから登り鷲羽岳と後ろには存在感のある笠ヶ岳が聳え立っていますね。

岩場をアップダウンしながら待望の峰鷲羽岳山頂をめざす。

出発してから緩斜面をトラバースしながらワリモ乗越へ。ワリモ岳の急斜面を登り終えると、荒々しい鷲羽岳が見えてきた。

ザレ場は勾配があるとハッカハッカ 笑。ワリモ岳を越えてようやく鷲羽が近づいて来ましたよ。

昨日は水晶岳、そして翌朝には鷲羽岳に登頂出来ました\\\\٩( ‘ω’ )و //// 皆さま、おめでとうございます㊗️

きょうは遮るものは何もありません。360度パノラマの世界を満喫してます。

鷲羽岳を下っていくと三俣山荘が見えて来ました。標高差300mくら位あるので、岩場を慎重に約1時間かかりそうですね。一昨年の裏銀座周回コースでは悪天候のため鷲羽岳を断念し三俣山荘で暖をとり、黒部源流を必死に渡り雲の平小屋までエスケープしたのを思い出してしましました。

伊藤新道分岐です。ここから湯俣のルートがあるのですが、一般的に登山者は利用していません。

お待たせしました。三俣山荘です。ここで大休憩しましょう。

お天気次第では巻道ルートを双六小屋に向かうことも想定していましたが、三俣蓮華岳から丸山、そして双六岳を選択いたします(^_^)

この分岐点から15分くらいで三俣蓮華岳山頂でーす。ここから下ったら近道ですが、頑張りましょう。

黒部川源流分岐を過ぎてから登りが続きます。今10時ごろかな、ちょうど疲れてくる時間帯ですね。

三俣蓮華岳山頂に着いたときは強風と雲が出てきました。残念でーす。

一旦鞍部に出て丸山を越えたら、槍ヶ岳をはじめ穂高連峰の展望台といわれる、双六岳山頂になります。

一瞬のガスも切れて鷲羽岳がくっきりと見えています。眼下には巻道を歩く登山者がたくさんおります。

人気の双六岳山頂到着でーす(^_^)

昨日から登った峰々を振り返りながら、展望のよい山頂でゆっくりと楽しみました。槍の穂が雲にかかっているのが残念だが、途中で十分眺めてきたので満足かな。

槍ヶ岳や穂高連峰を見ながのパノラマを楽しみながらゆっくりと双六小屋に下りる。

ここから10分くらいで双六小屋ですが、これほど沢山案内が書いてある分岐点は珍しいと感心。東北じゃ考えられない 笑。

きょうもお疲れさまでした。水晶小屋から7時間で予定の行程を無事に登ることが出来ました。皆さん、ありがとうございました😊

受付けが済んだら、さっそく生ビールとおでん(^_^)最高の美味しいでしょうね。

夕食まで時間もあるので、つい日本酒まで頂いてしまいました(^ω^)双六小屋は個室になっていて大満足の最後の山小屋となりました。明日は新穂高温泉に下山します。

変わった雲のオブジェ( ◠‿◠ )最高の1日に乾杯が続きます。

9/11(日) 5日目: きょうは裏銀座縦走ツアー最終日になりました。あっという間の日々だったような気がします。双六小屋から弓折岳方面になだらかな道を進む。やがて稜線上となる道は槍ヶ岳から穂高連峰が一望できる絶景の山歩きとなる。分岐から眼下に見える鏡平へ下る。鏡平山荘から僅かに進むと、槍ヶ岳や穂高連峰を映す鏡池がある。そして、いよいよ下りが始まる。灌木帯とガレ場を交互に進み、沢の冷たい水が飲める絶好の休息ポイントで暑さを凌ぐことができました。わさび平で冷やされたトマトを食べ一服したら、小一時間で新穂高温泉到着です。温泉で5日間の疲れを癒し、かき揚げ蕎麦を食べてから延々と長い高速道が一路郡山に向けて出発でーす。ご参加の皆さん、お世話になりました。ありがとうございます😊

朝イチの朝食を済ませて、6時に双六山荘を出る。山荘の裏の双六岳は朝日を浴びて真っ赤にめ見えていましたね。キャンプ場を越してしばらくアップダウンを繰り返しながら弓折方面に向かいます。

やがて稜線上に出ると槍ヶ岳から穂高連峰の稜線がきれいに見えています。大キレットも、そしてジャンダルムから西穂高まで、素晴らしい眺めに一同感動でしたね🥲

ここは弓折乗越分岐点。弓折岳を越え進むと笠ケ岳が待っているんだよ(^_^)笠新道から登るには勾配は大変だから鏡平山荘に一泊して行きたいですね。

懐かしいの鏡平山荘に到着です。何故かと云うと、30年ぐらい前に仮登山靴が合わなくて槍ヶ岳登頂を鏡平で断念した苦い思い出があるんです\(//∇//)\

その時は鏡池から見る山々を見る余裕がなかったような気がします。ここから望む槍ヶ岳は素晴らしい風景ですね。

お天気というか日差しが強く汗ばむ急勾配をどんどん下りていきます。

小池新道を過ぎると林道歩きが始まります。ここまで来ればひと安心ですね😮‍💨

しばらく進むと、わさび平小屋に到着しました。冷たくて美味しかったトマトでしたが画像は残してありません。新穂高温泉登山口から回送した、マイカーにて露天風呂のみの温泉♨️をめざしました。長らくお付き合い頂きありがとうございます。これにて裏銀座縦走ツアーの報告と致します。

夢のような5日間があっという間に過ぎた‼️ 北アルプスどまんなかの裏銀座縦走路(高瀬ダムから新穂高温泉まで)を歩いて来ました。

2022/ 9/7〜11 北アルプス裏銀座縦走ツアー (データ:歩行距離延39、6km、累計標高差+3,686m−4,117m、所要時間1日平均7時間)

昨年の表銀座縦走から一年が過ぎ、今年は裏銀座縦走コースに挑んだ。水晶岳、鷲羽岳山頂をめざすのは無論のことだが参加者全員が無事に縦走出来るように安全登山を徹底した。このルートはコロナ禍により山小屋もすべて予約が必要になり、悪天候が続いたら登山者にとっては益々ハードルが高くなり長い距離を歩かなければならない縦走路でもある。台風11号が去って好天かと思いきや、ツアーも前半は雨模様のスタートとなる。それでも雨上がりの景色は幻想的でより感動的な山行が続いたようだ。水晶岳に辿り着いたのは郡山市を経ってから3日後の午後だった。そして翌朝は鷲羽岳山頂に立つ。ここからは槍ヶ岳を中心に北アルプスの山々が見渡せる絶景地でもある。飛騨山脈中央部にどっしりと構える水晶岳(黒岳)は見る者に重厚な印象を与え、かつ容易に近づくことを許さないかのような気品を漂わせているようだ。そして、鷲羽岳は羽を広げて今まさに羽ばたこうとする鷹の姿のような山容だった。黒部川源流に座す風格と威風堂々としていた。おかげさまで4日目からは、絶景の稜線歩きとなりました。

高瀬ダムから2日かけて挑んだ水晶岳(黒岳)だ。水晶小屋までの切り立った岩稜登りも大変だったが、黒光する水晶岳を踏破した感激は忘れないだろう。

そして、翌朝は北アルプスが見渡せる絶景地鷲羽岳に登る。振り返ると水晶岳から薬師岳、黒部五郎岳とすべての名峰が飛び込んで来た。

9/7 初日はwild-1郡山店9時過ぎ出発して高速道を乗継ぎ安曇野ICから信濃大町高瀬渓谷湖畔に佇む標高1058mの秘湯七倉山荘3時半到着。此処は烏帽子岳や水晶岳、湯俣温泉、船窪へ続く七倉登山口にあり、爺ヶ岳や針ノ木岳への登山者も宿泊するようだ。受付後に回送車やタクシーの手配を終えてから、源泉かけ流しの露天温泉を暫し楽しむ。夕食はジンギスカン料理^_^ビールと相性が良く美味しい。大森氏がコンビニで買った純米酒(大雪渓)で明日からの山談義に話がはずむ。

うぁ、バーベキュー(^з^)-☆渓谷沿いに建つ七倉山荘ロッジ風に屋外で沢の音を聞きながらの夕食でしt。

9/8 2日目:早朝6時朝食を済ませてから、待機タクシーで登山口の高瀬ダムまで移動。すでに小雨模様の1日になりそうなどんよりとした曇り空。今日は雨降りの中、北アルプスの三大急登に数えられるほどの坂を烏帽子小屋まで標高差1,350mを登る覚悟で頑張りましょう。

高瀬ダムにて撮影する。タクシー運転手さん、ありがとうございます😊

高瀬ダムからは雨具を着て登山口までスタート。

これから4日間よろしくお願いします。本来なら7名参加者希望があったのですが、諸事情で来れなくて残念(//∇//)

ダムの奥にあるトンネルをくぐりに抜けて

不動沢の吊り橋を渡って濁り沢の上流へ向かい、濁沢を渡たると登山口が見えて来ます。

増水もなくらくらく通過

ここから裏銀座ルートのスタート地点です。12番の番号札が設置されていて、「権太落し」「ひと休み」「中休み」「大カンバ」といった休憩ポイントを通過するたびに番号が一つずつ減る。

ここまで来たら、4日後は新穂高温泉登山口まで縦走のみでーすよ 笑。

蒸し暑いなぁ\(//∇//)\ でも、番号札が0まで登るしかないんだよね。

登り始めてからもう4時間は経ったようだ。まだまだ急登が続いている。ここはブナ立尾根三角点(4番) 、すでに標高1,000mを登り終えたようだ。烏帽子小屋まで後2時間。本降りの前に到着したーい 笑。

だいぶ標高を稼いでます(^_^)お弁当(太巻き寿司)を食べて元気いっぱいです。

展望はないがナナカマドが雨に濡れて綺麗だね。

谷から吹き上げる涼風に疲れが癒される。あと少し🤏

登り通しを凌ぎきり、稜線に出ると左手下に突如として烏帽子小屋が立つ^_^

小雨の中、約6時間強で今夜の宿泊先「烏帽子小屋」到着。お疲れさまでした。

烏帽子小屋到着後、本降りとなりカミナリも鳴り烏帽子岳は断念する。さっそくビール🍺で乾杯する(^_^)

午後3時ごろから雨も止みガスが切れて来た。

主稜線から読売新道に聳える赤牛岳に感激^_−☆ 右手には薬師岳も見える。

登れなかった烏帽子岳が、だいぶ尖っていそうだ。山頂までこれから40分、明日からのために体力温存しょう。

明朝からの縦走路、三ツ岳方面が少し見えています。

悪天候だったのか、今夜の宿泊登山者は少なく、二階占有した感じでゆっくり休むことが出来ました。

小屋は小じんまりとした感じですが、見た目より合理的でしっかりしています。それでは、おやすみなさい💤

9/9 3日目: 烏帽子小屋小雨模様の中、6時過ぎ出発。今日こそお天気が回復しますように。三ツ岩から野口五郎小屋まで約3時間、野口五郎岳を経て真砂岳を巻いて竹村新道分岐から水晶小屋まで3時間。休憩入れると約7時間。いよいよ北アルプス裏銀座主稜の山歩きが始まります。そして、午後からは水晶岳が待っている。

明るく元気に、そしてへこたれないで、3日目の山行スタートします。

キャンプ場を過ぎると岩場の登りが待っていた。少しずつ雲が切れてきた。皆さんから笑顔が溢れてくる^_^

晴れ間の兆しも

燕岳方面の山並みが見えてきたのかな。ここからスマホタイプが始まります 笑。眼下には高瀬湖がキラキラと見える。

咲き終えたコマクサが砂礫の斜面に見つけたよ。

雨上がりの山並みは幻想的で美しいと感じる。東方面には餓鬼岳、燕岳、大天井岳、裏には常念岳が、そしてそして、槍ヶ岳が見えて来たではないか♪───O(≧∇≦)O────♪これか始まる槍ヶ岳を巡る山旅でーす 笑。

こんな天気だからこそ見れる景色でしょう。画像からはお察し出来ない情景が脳裏に浮かんで来ます。

絵になります(^_^)素敵でーすね。

もう少しで野口五郎小屋に到着します。

遠方に野口五郎岳が、ザレ場を下ると野口五郎小屋に到着します。

野口五郎小屋でひと休みしてから目の前に見える山頂に登りましょう。

遠くて遠い、野口五郎小屋でした。おトイレ休憩ありがとうございました😊

この辺りから、黒と緑のコントラストが美しい水晶の峰々がちらほらと見えて来ました。

野口五郎岳を徐々に下ると一本の筋のような登山道が続いています。真砂岳を巻いてくと分岐先は鞍部になります。ここで昼食タイムにしましょう。

この辺りから、黒と緑のコントラストが美しい水晶の峰々がちらほらと見えて来ました。

これから先は岩場が続く難所になります。雨が降ったり止んだりと、レイアリングに急がしい。

東沢乗越を過ぎるとザレ場に最後の急登が続きます。雨で地盤も緩んでいるので砂礫の登山道は慎重に歩きたい。

あと少しで小屋になりますので砂礫に勾配を慎重に登りましょう。

お疲れさまでした(^_^)3日目の山小屋到着でーす。

郡山から3日目で水晶小屋に到着しました。お隣さんの餅入りうどんビール🍺が羨ましい限りです^_^ 我々はもし少しお預けです。

ザックを小屋でデポして山頂をめざしましょう。

雨も上がり、アタックザックで軽快に進んでいます。

徐々に岩場の連続ですー

梯子やクサリ場も慎重に通過しましょう。

それでも余裕のsさんでーす 笑。

少しずつガスって来ました。もしかして視界ゼロかな\(//∇//)\

水晶岳山頂でーす\\\\٩( ‘ω’ )و //// 展望が…。それでも達成感に満足の皆さまでした。おめでとうございます🎉

大森ガイドと一緒に撮ってもらいました^_^

誰かさんが岩に頭をぶつけて休憩タイム。なんとその間に雲が切れてきました。高層湿原の雲の平が見えて来たのです。誰かさんに感謝🥲でーす。明日からお天気回復する予報に期待を込めて、今夜は特製カレーライスをいただきます。

夕食後、水晶小屋裏の高台から望む黒部五郎岳の夕景です。

*サーバーシステム障害がありこれ以上更新出来ません。北アルプス裏銀座縦走ツアー4日目以降のご報告は新潟県八海山ツアーから戻り次第アップいたします。引き続きよろしくお願いします。9/16 大槻

 

 

 

PAGETOP