ホーム
ツアーガイド一覧
注目のツアープラン
思い出のツアーギャラリー
個人ガイド(ガイドのお申込み)
つれづれなる日々
お問合せは、TEL.090-2277-8422
メールでお問合せ
line@

◆◆◆ リンク ◆◆◆

Facebook

ガイドの四方山話≫一覧を見る

澄み切った空気の中、雪を踏みしめて山歩きを楽しみましょう。

一昨日、吾妻連峰西大巓ツアーのため早朝立ち寄った「道の駅」からの磐梯山です。いつ見ても威風堂々としています。

西大巓山頂から見渡せる裏磐梯の峰々。が…今回は残念ながら雲に覆われていました。でも、冬の山々は稜線がくっきりとなりモノトーンの世界が魅力的ですね。

ちょっと雪山へ行ってみませんか‼︎

少し雪の積もった阿武隈山地に出かけてみようか。と思うことありませんか?本格的な冬山では、登山装備も決定的に違ってしまいますが、少々の雪にが積もった程度であれば、夏山に装備でも十分に行くことが可能です。

ロハスハイキングでは初心者向けのスノーハイキング講習会も行っています。

今年の吾妻連峰は積雪も多く、スノーモンスターはこれからが見ごろでしょうか‼️

2021・1・15(金)
昨日は下見を兼ねて吾妻連峰に出かけて来ました。西大巓から望む圧巻のスノーモンスターは現在こんな感じになっています。

好天予報に誘われ10時半過ぎグランデコスノーリゾート到着。コロナ禍で登山者も少なく、ゴンドラ(4QLに乗り継ぐ通常ルート)は、しばらく平日運休(週末営業のみ)のようでした。急遽、1QLから(2QLをパスし15分位歩いて1リフト600円節約)3QL (標高1,600m)に乗り継ぎ登りはじめるが、このルートは人が入っていないのでスノーシューが沈み思うように進まない。結果、標高1,850m付近で撤退したが、充実した一日を過ごすことができました。
ゴンドラ運休で平日登山を取りやめ帰った方が多いと聞きました。GPSがあれば最終リフトのどこからでもアタックできます。西大巓あわよくば西吾妻山までめざしましょう。

ガイド大槻

『シトラスリボンプロジェクト』 ふくしまでも輪を広げていこう‼︎

ただいま、おかえりって言いあえる地域に

みんなで広げよう‼︎ シトラスリボンプロジェクト 

 新型コロナウイルス感染症の脅威が全国的に拡大している中、福島県内でもクラスター(集団感染)が発生し、一日当たりの感染者数は過去最多を更新し続けています。 

 当たり前と思っていた「ふだんの暮らし」を揺さぶっている新型コロナウイルス感染症。今や、どこにいても何をしていても、いつだってだれだって感染リスクはゼロではありません。感染拡大を防ぐためには、一市民、一個人として自分が「感染させない」「感染しない」という自覚と、さらなる「行動変容」が必要になると同時に、だれもが少しでも心のびやかに暮らせるようなまちのあり方が、今こそ問われていつのかもしれません。

 新型コロナウイルス感染症の拡大は、健康な快適な生活を脅かすだけでなく、感染者や医療従事者への悪質な誹謗中傷が横行しています。シトラスリボンプロジェクトとは、コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広める活動です。お互いにそんなふうに言いあえる、受け止める空気であってこそ、安心・安全が守られ街なのだと思います。検査が必要と思われる方々が、躊躇なく安心して受けることができ、いちはやく対策を打つことができます。ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる障害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染を確認されたその後に的確に対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、私たちは考えます。  

私たちはコロナ禍においても市民が安心して暮らせる社会の実現のため、一人ひとりがシトラスリボンプロジェクトに賛同し取り組むことで、思いやりの輪を広げていきませんか?

ロハスハイキングは「シトラスリボンプロジェクト」に賛同しています。

PAGETOP